大谷翔平の年俸推移グラフ2022|安いのは今季までで、今後は右肩上がり?

メジャーリーグで大活躍している大谷翔平選手。

2022年の大谷翔平選手の年俸はヤバいことになると言われていますが、これまでの大谷翔平選手の年俸はいくらなのでしょうか。

大谷翔平選手の年俸推移をグラフにしました。

大谷翔平選手はメジャーリーグへ移籍してからも、その年俸が安すぎると言われていましが、それには衝撃の理由があったんです!

広告

大谷翔平の年俸推移グラフ過去~2022まで

大谷翔平選手は2021年、メジャーリーグで満票でのMVPに選ばれました!

満票でのMVPは大リーグで6年ぶり!

そして日本人選手としては、イチロー選手以来の快挙となります。

殿堂入りする選手であること間違いない!

その大谷翔平選手の年俸がどのくらいなのか気になりますよね。

あれだけ活躍している大谷翔平選手がいくらもらっているのか興味しかない!

大谷翔平の年俸推移グラフ

大谷翔平選手のデビュー当時2012年から2021年までの年俸推移グラフはこちらです。

億単位で表記しています。

このグラフを見ると、2021年一気にこれまでの2倍程度の年俸を得ていることが分かります!

2022年の大谷翔平選手の年俸については、以前から言われているのが550万ドルですが、2021年度の活躍を加味すると値上げなどがあるのかもしれません。

分かり次第お伝えしますが、考えられないような金額になるのかもしれません。

大谷翔平選手は、今後歴史に残るような年俸を手にすることになるのではないでしょうか。

大谷翔平の年俸推移[日ハム時代]

投手と野手の二刀流選手としてドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。

プロ入り4年目の2015年、投手として最優秀防御率、最多勝利、最高勝率のタイトルを獲得

日本ハム時代ですら、偉業をたくさん叩き出しています。

そんな大谷翔平選手がデビューしてから日本で活動していた6年間の年俸はこのようになっています。

年度 年俸
2017年(23歳) 2億7000万円
2016年(22歳) 2億円
2015年(21歳) 1億円
2014年(20歳) 3000万円
2013年(19歳) 1500万円
2012年(18歳) 契約金1億円

当初は契約金1億円、出来高5,000万円、年俸1,500万円で入団しました。

その後の大谷翔平選手の日本ハム時代の年俸は想像通りの右肩上がりでした。

大谷翔平の年俸推移[メジャー時代]

大谷翔平選手は2017年11月11日にポスティングシステムを利用してメジャーリーグへの挑戦を表明します。

そして同年12月にはロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結びました。

またメジャー1年目にしてシーズン22本塁打を達成。

日本人選手のなかで、シーズン20本塁打以上は松井秀喜さんに次ぐ2人目の快挙でした。

さらにア・リーグの新人王にも選ばれ、メジャーリーグでも大谷翔平選手はすぐに頭角を現しました。

大谷翔平選手のメジャーリーグでの年俸です。

年度 年俸
2022年(28歳) 550万ドル?(約5億7,860万円)
2021年(27歳) 300万ドル(約3億1,560万円)
2020年(26歳) 70万ドル(約7,700万円)
2019年(25歳) 65万5000ドル(約7,200万円)
2018年(24歳) 54万5000ドル(約6,000万円)

日本ハム時代の年俸よりも低い金額からスタートして、徐々にあがってきていますが、それでもまだ安い気もします。

同じくメジャーリーグで活躍していた田中将大選手の年俸はヤンキース時代、最高23億円でした。

田中将大の年俸推移2021【グラフあり】総額年収もヤバかった?

それを思うとこれだけ活躍している大谷翔平選手の年俸は安すぎる気がしますよね。

広告

大谷翔平の年俸が2021年まで安い理由は?

なぜこれだけ活躍している大谷翔平選手の年俸は安いのでしょうか。

現在は億単位の年俸をもらっているという報道があるものの、実際に田中将大選手などと比べるとかなり安い。

その理由はなぜなのでしょうか。

メジャーの暗黙ルールがあった

大谷翔平選手がメジャーリーグに移籍したのは24歳のとき。

しかしメジャーリーグには「25歳ルール」があるんだとか。

大リーグ球団が25歳未満の海外の選手と契約する時は、契約金は大きく制限される。エンゼルスが支払う契約金は最大でも231万5000ドル(約2億6200万円)。

25歳になる2年後のポスティング移籍なら、年俸を含めて総額100億円以上の巨額契約が見込まれるからだ。 引用:スポニチ

大谷翔平選手は、メジャーリーグに存在する「25歳ルール」に該当してしまったために、格安な年俸を得ていたということのようですね。

しかし大谷翔平選手は”今メジャーに行きたい”という自分の気持ちを優先されたようです。

お金よりも自分の中に大事にしているものがあるって素敵ですよね。

25歳をすぎて、大谷翔平選手の年俸はグラフを見ても分かるように右肩上がり

今後の年俸はすごいことになるのは確実ですね!

大谷翔平の年俸2023年はどうなるか予想

大谷翔平選手の2023年の年俸がかなり注目されています。

実は2021年の大谷翔平選手の適正年俸が発表されていました。

ワシントン・ポストによると、大谷翔平選手の適正年俸は64億8,000万円!

やばw

しかし2021年の大谷翔平選手の年俸は300万ドルであり、日本円にして約3億1000万円。

全然違う!!

yahooニュースによれば、大谷翔平選手の2023年の年俸は11年で約440億円ほどになるのではないかとも言われています。

それだけメジャーリーグでの大谷翔平選手の活躍は誰もが認めるほどのものですし、大谷翔平選手の契約がどうなるのか、かなり楽しみですね!

広告

大谷翔平の年俸2022に占める税金がやばい?

大谷翔平選手の年俸がわかったとはいえ、その年俸に占める税金もかなり高いことは想像できますよね。

私たちがもらっているような給料とは訳が違いますから、大谷翔平選手レベルの人になれば、その税金も破格なのでしょう。

年俸1億円であれば約4,600万円、年俸5億円であれば約2億7,300万円もの所得税・事業税・住民税がかかります!
さらにここに消費税も加えることになりますので、億越えのスター選手は年俸の50%以上を税金として納めていることになります。 引用:プロ野球選手の税金

年俸の半分以上が税金ってすごい世界ですよね。

2021年、大谷翔平選手の年俸が約3億円でしたから、約1億5,000万円は税金ということになります。

野球選手は収入もすごいですが、それに対してかかる税金もヤバいということですね!

大谷翔平の生涯年収・年俸はいくら?

大谷翔平選手の年俸を計算する上で気になるのが、その生涯年俸!!

一生のうちにどのくらい稼いじゃうのでしょうか。

大谷翔平選手はデビューしてから現在までの間にも、すでに20億以上稼いでいます。

2022年、大谷翔平選手は28歳!

まだまだ若いですよね。

プロ野球選手の引退時の平均年齢は29歳と言われていますが、これだけの活躍を見せている大谷翔平選手ですから、これから益々活躍されることでしょう。

2023年以降の年俸も破格になると予想されていますから、大谷翔平選手の生涯年俸は100億は優に超えるのではないでしょうか。

広告

CM出演のギャラを合わせると大谷翔平の年俸は‥?

2019年5月22日のデイリー新潮によると、大谷翔平選手のCMのギャラは1億円を軽く超えているんだとか。

現在のCM界で最高クラスのギャラを得ているというのが、大谷翔平選手とプロテニスプレーヤーである大坂なおみ選手

芸能人のギャラは5000万円程度ということですから、それに比べると倍以上ということですね!

現在は、メジャーリーグで年間MVPを獲得した大谷翔平選手ですから、この頃以上にCM出演のギャラが高くなっている可能性は高いです。

野球選手としての年俸に加えて、CM出演のギャラを合わせると、大谷翔平選手の年俸は10億ほどあるかと予想します!

これからの大谷翔平選手の活躍からも目が離せませんね!

広告

error: Content is protected !!