片手ダブルピース意味は3つ!部落差別「四つ」やハンドサイン【炎上

ネット上で話題になっている「片手ダブルピース」

その意味を調査すると、「片手ダブルピース」には3つの意味があることが分かりました。

広告

【炎上】片手ダブルピースとは?男性ブランコのネタ

片手ダブルピースとは男性ブランコによって披露されたポーズ。

2022年5月19日、バラエティ番組「千鳥のクセがスゴいネタGP」で男性ブランコが披露されました。

男性ブランコのネタ「流行川さま」の中で、

”今年流行る写真に写るときのポーズ”を男性ブランコの平井さん演じる流行川さまに尋ねた際、「片手ダブルピースだ」と答えました。

しかしその直後、本当に流行るのかという問いに対して「片手ダブルピースは撤回」と発言。

ネタとしては撤回していた片手ダブルピースですが、世間ではかなり話題になっています。

広告

男性ブランコの片手ダブルピースの意味は?

男性ブランコの片手ダブルピースの意味

男性ブランコが「クセスゴ」の中で披露した片手ダブルピースですが、どういう意味があるのか気になりますよね。

男性ブランコの片手ダブルピースについては、あくまで「流行川さま」のネタの1つ。

ですから、深い意味はないと思いますw

このまま炎上し、バズり続けたら、男性ブランコの持ちネタとして定着する可能性もあります。

流行語大賞にノミネートされる可能性も‥?

片手ダブルピースの本当の意味

男性ブランコの片手ダブルピースですが、「クセスゴ」に登場後、かなり話題になっています。

さらに片手ダブルピースにはふかーい意味があったということで、炎上。

実は、片手ダブルピースには3つの意味がありました。

部落差別「四つ」のジェスチャー

男性ブランコ平井の片手ダブルピース姿

片手ダブルピースの親指以外の指4本を立てるというジェスチャーは、古くから部落出身者であることを差別的に示す行為であると言われていました。

そのため、指が4本に見えるイラストはメディアや企業で使用するのは禁止されていた時代がありました。

ミッキーマウスやスヌーピー、ハクション大魔王、ど根性ガエルなどの有名キャラクターは4本指であることが多かったので、出版社が指を5本にするようガイドラインを設けていた時代もあったほどです。

なぜ「四つ」が差別語なのか

明治時代に使われていたという「四つ(よつ)」は、部落差別で使用される言葉でした。

なぜ「四つ」が差別語になったのかについては、色々な説があるようです。

Wikipediaによると

  • 四つ足 → 動物 → 畜生、人間以下
  • 被差別身分であった人の専業として、「四足」動物の処理をおこなっていた
  • 小指から士農工商と数えると、親指が穢多(えた)という身分が低い人になる
  • 平民が5だとすると、人格的に何か1つ足りない
  • 部落内での近親婚が重なると、指の欠損など奇形児が多発した
  • 武器を持って反乱を起こさないように、親指を切り落とされた
  • 四足動物を食す習慣があった

などが由来だと言われています。

「助けて」のハンドサイン

片手ダブルピースと似てる助けてのハンドサイン

「助けが必要であることを相手に知らせるハンドサイン」を Signal For Help(シグナル・フォー・ヘルプ)といいます。

これはカナダの女性と女児の権利を守る財団「Canadian Women’s Foundation(カナダ女性財団)」が作ったサイン。

このハンドサインと片手ダブルピースはかなり似ています。

この助けを求めるハンドサインには

  1. 手のひらを見せる
  2. 親指を曲げる
  3. 4本の指で親指を包む

という正しい順序があります。

ただ、男性ブランコがネタとして披露した片手ダブルピースと助けを求めるハンドサインが似てることから、

「片手ダブルピースって助けてのハンドサイン?」という声も聞かれていました。

ヒプノシスマイクのハンドサイン

男性声優による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」

通称「ヒプマイ」と呼ばれるグループにもハンドサインがあります。

その中で、オオサカテレビジョンどついたれ本舗のハンドサインが男性ブランコの片手ダブルピースと瓜二つ!

指を4本立てて、親指を曲げるこのサインは、どついたれ本舗のハリセンがモチーフになっているハンドサイン。

片手ダブルピースとは無関係ですが、完全に同じジェスチャーですね。

広告

片手ダブルピースをなにわ男子が真似してた

片手ダブルピースはすでにかなり話題になっています。

ジャニーズの大人気グループ「なにわ男子」も早速、片手ダブルピースを披露していました。


長尾謙杜さんと藤原丈一郎さんが片手ダブルピースを披露したとなると、もう流行らないわけがないですよね。

広告

error: Content is protected !!