井上尚弥のファイトマネーは50億?賞金総額がヤバいし年収も日本一?

ボクシング井上尚弥選手のファイトマネーはいくらなのか気になりますよね。

噂によると、井上尚弥選手のファイトマネーは50億円。

その噂の真相を確かめていきます。

これまでの井上尚弥選手のファイトマネー(賞金総額)もまとめてみました!

最強ボクサーである井上尚弥選手の賞金総額や年収もやっぱり最強でした!

広告

井上尚弥のファイトマネーが50億円?

井上尚弥選手のファイトマネーが50億円だという噂が。

50億円って日本人のプロボクサーのファイトマネーとしては、破格ですよね。

そんな金額をもらった日本人プロボクサーを聞いたことががありません。

ただ井上尚弥選手ほどの最強選手であれば、あり得なくもないと思ってしまいますが…

井上尚弥選手のファイトマネーが50億円という噂が広まった訳が気になりますよね。

広告

井上尚弥のファイトマネーが50億の真相は?

井上尚弥選手は日本を代表するボクサー。

その井上尚弥選手のファイトマネーが50億という噂があるんです。

井上尚弥選手のファイトマネー50億円という噂はどこからきたのか、その真相を探ってみました!

ファイトマネー50億の噂はどこから

井上尚弥選手のファイトマネーが50億と言われたのは2018年。

井上尚弥選手が「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」参戦したときに噂されました。

井上尚弥選手の参加が発表されたWBSSの賞金総額が50億円と発表されたためです。

賞金総額なので、井上尚弥選手だけが手にする金額ではなく、出場したすべての選手に与えられる賞金の合計が50億ということでした。

”井上尚弥選手が出場するWBSSの賞金が50億円”という情報が

「WBSS出場の井上尚弥選手のファイトマネーが50億円」

という意味にいつの間にかすり替わってしまったということですね!

ファイトマネー50億を手にしたボクサー

ファイトマネー50億円を手にしたボクサーはこれまでに多数います。

といっても海外選手だけですが。

海外選手であれば、余裕の金額といっていいと思います。

Forbesによると、ボクシング好きであれば知らない人がない選手フロイド・メイウェザー選手のファイトマネーは、2億8500万ドル

日本円にして、約325億3,000万円!

想像できない金額ですよね。

世界のボクサーたちは、日本人のボクシング選手のファイトマネーが米粒に思えるほどの莫大なファイトマネーを手にしているということになりますね!

井上尚弥は50億もファイトマネーをもらったことがない?

結局のところ、井上尚弥選手はこれまでにファイトマネーを50億円ももらったことはないようです。

では実際の2021年の井上尚弥のファイトマネーはいくらなのでしょうか。

井上尚弥選手の次戦は2021年12月14日。

井上尚弥選手にとってIBF4度目の防衛戦です。

今回はIBF同級6位アラン・ディパエン選手と対戦。

井上尚弥選手の次戦でのファイトマネーは明らかになっていませんが、これまでの井上尚弥選手の防衛戦でのファイトマネーは約1億円でしたので、今回もそのくらいの金額になるのではないかと言われています。

広告

井上尚弥のファイトマネーは日本一ではなかった!

井上尚弥選手のファイトマネーは50億円もいかなとはいえ、最強ということが分かりましたよね。

後ほどご紹介しますが、井上尚弥選手はプロに入ってから負け知らず。

井上尚弥選手ほどの最強選手ってこれまでに聞いたことがないですよね。

そんな井上尚弥選手ですから、ファイトマネーも日本人トップクラスだと思いましたが…

実は井上尚弥選手のファイトマネーは日本人トップではないことが明らかになりました。

2021年の大晦日に行われるボクシングの試合。

そこでWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太選手とIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキンが対戦。

ゴロフキン選手のファイトマネーは1,000万ドル

そして村田諒太選手のファイトマネーについては明らかになっていませんが、この試合での村田諒太選手のファイトマネーは日本人最高額と言われていることから、井上尚弥選手のファイトマネーを上回ることは確実なんです。

負け知らずの井上尚弥選手ですから、井上尚弥選手の来年の試合では、この村田諒太選手のファイトマネーを超える可能性も十分あるでしょう!

井上尚弥の賞金総額がヤバい!

これほどファイトマネーが高い井上尚弥選手ですから、その賞金総額がいくらなのかも気になりますよね。

井上尚弥選手が出場した試合のすべてのファイトマネーが発表されているわけではありませんが、主なファイトマネーを調べました!

  • WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(2017年9月)
    アントニオ・エニベス選手と対戦
    ファイトマネーは約2000万円
  • WBA世界バンダム級タイトルマッチ(2018年5月)
    ジェイミー・マクドネル選手と対戦
    ファイトマネーは約4000万円
  • World Boxing Super Series(WBSS)バンナム級
    一回戦:60万ドル(約6,400万円)
    準決勝:80万ドル(約9,000万円)

    決勝:100万ドル(約1億円)
  • ジェイソン・モロニーとの防衛戦(2020年10月)
    ファイトマネーは100万ドル(約1億円)
  • マイケル・ダスマリナスとの防衛戦(2021年6月)
    ファイトマネーは100万ドル(約1億円)

井上尚弥選手が最強になればなるほど、そのファイトマネーは高額になっていますよね。

2020年以降は、すべての試合において、そのファイトマネーは100万ドル超え。

現時点での井上尚弥選手の賞金総額は、わかってる範囲で約5億2,000万円!

一回の試合で1億円以上を手にしてる井上尚弥選手。

井上尚弥選手はまだ28歳と若いですから、これから引退するまでさらにその賞金総額を増やしていく可能性は高いですね!

広告

井上尚弥の経歴も紹介!

井上尚弥選手は、小学校1年生から元アマチュア選手だった父親の影響を受けてボクシングをはじめました。

その実力は高校生時代に頭角をあらわし、井上尚弥選手は高校1年生のときに、インターハイ・国体・選抜で優勝

インドネシア大統領杯で初の国際大会金メダル、全日本選手権で初優勝、技能賞も獲得し、高校生史上初のアマチュア7冠を達成しました。

プロ入りしてからなんて、井上尚弥選手は負けたことが1度もないんです。

井上尚弥選手の獲得タイトル

【アマチュア】
  • 平成21年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第64回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 2010年アジアユース選手権ライトフライ級銅メダル
  • 第21回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップライトフライ級優勝
  • 第65回国民体育大会ライトフライ級優勝
  • 第80回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級準優勝
  • 2011年インドネシア大統領杯ライトフライ級金メダル
  • 平成23年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝
  • 第81回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級優勝
【プロ】
  • 第36代日本ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • WBC世界ライトフライ級王座(防衛1=返上)
  • WBO世界スーパーフライ級王座(防衛7=返上)
  • WBA世界バンタム級王座(防衛2)
  • IBF世界バンタム級王座(防衛0)
  • リングマガジン世界バンタム級王座
  • World Boxing Super Seriesバンタム級優勝

引用:Wikipedia

負けたことがない選手って今までいないんじゃないでしょうか。

井上尚弥選手は最強といって間違いありません。

負けを知らない井上尚弥選手ですから、これからさらにそのファイトマネーは高くなっていくことは確実ですね!

井上尚弥の年収は日本一?

井上尚弥選手は日本を代表するプロボクサーですから、その年収も凄いことは想像できますよね。

もちろん井上尚弥選手の年収は公表されているわけではありません。

どれだけ有名選手であっても「僕、年収は〇〇円なんです~!!」と公表してくれる選手ってほとんど思いますw

新庄剛志監督であれば、公表してくれそうですがw

新庄剛志は昔の方がイケメン?別人級に変わった今の顔画像と比較!

井上尚弥選手の年収に含まれているのはファイトマネーはもちろん、スポンサー収入、テレビ出演料、放送権利料などがあるんだとか。

スポンサー収入4億円

井上尚弥選手ほどのボクサーになれば、スポンサー収入も一流

日刊スポーツによると、井上尚弥選手のスポンサー契約金は一社あたり7,000万円!

現在の井上尚弥選手のスポンサーはNTTぷらら、トレーニング機器SIX PAD、国内エステティックTBC。

そしてこれらの企業以上にたくさんのオファーがあるんだとか。

「平均で1社あたり4000~5000万円の条件」と明かした。

単純計算でも5億円近くになる。 引用:日刊スポーツ

すごすぎますよね。

CMギャラとテレビ出演料

井上尚弥選手は当然のことながら、CM出演料やテレビ出演料もかなり高額!

2019年の週刊FLASHによると、井上尚弥の

  • CM出演料は1000万円
  • テレビ番組出演料は40万円

2019年時点の金額ですから、現在の井上尚弥選手の出演料はさらに上乗せされている可能性が高いです。

CMギャラやテレビ出演料、スポンサー収入を合わせると、井上尚弥選手の年収は数億円であるのは確実ですね!

広告

井上尚弥の私物が豪華すぎ!

井上尚弥選手は最強ボクサーということもあって、その私物も凄いんです!

着ている洋服も一流すぎる。

GUCCI

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上尚弥 (@naoyainoue_410)がシェアした投稿


知らない人はいない高級ブランドのGUCCI。

GUCCIをさり気なく着こなしてしまう井上尚弥選手ってすごいですよね。

この井上尚弥選手が来ているパーカーはおおよそ10万円!

ロレックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上尚弥 (@naoyainoue_410)がシェアした投稿

そして井上尚弥選手の腕時計はなんとロレックス。

値段はもちろん300万円超えなんだとか。

さすが日本一のボクサー井上尚弥選手ですよね。

かっこよすぎです。

画像|井上尚弥の嫁咲弥は元ラウンドガール?離婚はデマで子供は3人!

広告

広告

error: Content is protected !!